実績

「緑の政治を創る」-活動の足あととこれから

中山均の実績一覧

◎2005年から新潟市を揺るがした官製談合事件。中山は実態解明に大きく寄与、30年以上活用されていなかった制度を使って委員会での徹底調査を実現しました。また、この調査の過程で整理した中山の主張や提案は、国内外で報じられています。

◎2006年、シンドラー社のエレベータ事故が問題になった際、市の公共施設での実態を独自調査し、大きく報じられました →詳細(旧ブログ)

◎中山が提案した「環境配慮型電力入札」は、2012年以来順次拡大導入され、4年間換算で1億円以上の経費と1万トン以上のCO2削減を実現しました。

◎2011年7月の豪雨災害では現場を駆け回り、迅速に課題を把握し、信濃川堤防に穴を開けない簡易型ポンプの設置を提案、その実現につなげました。
他の政党や会派ではできない「緑の党」らしい提案だったと自負しています。

◎2014年、特別職や議員の期末手当を増額する市長提案を議会多数派が何の批判もなく受け入れることを強く批判、中山は増額分を県外の児童福祉施設の運営資金に寄付。保守系の議員1人も中山の行動に追随。執行部は中山の批判を受け、制度を見直しました。

◎2018年春、大阪のブロック塀倒壊事故を契機に、中山は独自に実態調査と提言を重ね、これが新たな対策や制度の創設へと進みました。

◎現在問題となっている新潟市の「財源不足」の問題も、中山は独自の分析で早くから問題を指摘し、その「見える化」を図り、危機意識の共有と財政構造の転換が必要だと訴えてきました。新潟市はこれを受け、2018年からようやく中山の主張通りの観点で財政説明資料を作成するようになっています。 →詳細(Facebook記事)

中山の提案や行動は、市政を動かし、全国や海外でも注目されています。

最新の活動報告

中山均の最新の活動報告をレポートしている紙版「中山均通信」のPDFが、こちらからご覧いただけます(スマホでも殆どの場合ご覧いただけます)。

また、当サイトのブログでも最新情報をアップしていますので、ご覧ください。

中山は現在、2012年に結成された「緑の党 グリーンズジャパン(→公式サイト)」の共同代表も務める。
「緑の党」は全国約60名の自治体議員が参加。構成員のうち一定数を女性と定めるクオータ制を導入し、共同代表はじめ役員の半数が女性。
2003年〜2018年までの活動記録は旧WEBサイトをご覧ください。
ナカヤマヒトシ通信